リフォームの補助金について

リフォームとは老朽化した建物を新築時の状態に戻すことをいい、修繕の意味合いが強くあります。ですので傷んだ箇所があり元通りに直すことができればリフォームとなります。例えばキッチンやバス、洗面台やトイレといった水回りはよくリフォームの対象になります。工事範囲も限定的に行えるためそのまま住み続けることもできますし、工事費用も建て替えるよりはるかに安く済みます。そして現在のリフォーム業界を支えているのは増改築よりも住環境を豊かにするものです。しかしいくら依頼したくてもそれなりのお金もかかるためそう簡単に発注できるものではないですが、国や各自治体ではその費用を一部補助してもらえる制度があります。例えば介護保険制度では自宅に手すりを設置する場合、20万円までについてはその9割を補助してもらえるため、自己負担額は2万円で済みます。そのほかにも床や段差の解消、洋式便器への交換なども補助の対象となっています。介護系以外にも太陽光発電に関連した省エネリフォームや耐震性能向上のためのリフォームも補助の対象となります。一般住宅のリビングや個室などのリフォームも地元の業者に依頼すれば補助金支給となる場合もあるため確認してみるとよいでしょう。

Copyright © All rights reserved.リフォームを考えている貴方へ.