不動産用語でのリフォームとは

不動産用語でのリフォームとは、一般的に古くなったり老朽化した状態から元の新しい状態に戻すというニュアンスで使われます。 具体的には、エアコンや網戸などの古いなった設備を新しいものに取り換えたり、クロスを張り替えたり塗装したりして綺麗な状態に戻したり、間取りの変更をしたりなどが該当します。 部屋や設備の汚れのクリーニング作業や、耐震補強など元々のものを補強したり改修したりする際にもこの言葉が使われることが多いです。 よって、小さな修繕から大がかりな改修まで広い範囲で使われている言葉です。 リフォームとよく混同される例に、リノベーションという言葉があります。 どちらも建物に変更を加える作業ですが、この2つの言葉は微妙に異なるニュアンスを持ちます。 リノベーションがデザインや間取りを変更することで新しい付加価値を生み出すニュアンスを意味するのに対し、リフォームは手を加えることで現状の状態に回復させることを目的とする意味合いを持ちます。 資産価値という点においても、リノベーションは付加価値を加えることで場合によっては資産価値が上がるケースがあっても、リフォームで資産価値が上がるということはなく、良くても新築の状態に近づくか下がってしまうケースが多いです。

Copyright ©All rights reserved.リフォームを考えている貴方へ.