リフォームについて

リフォームは目的別にみると、大きく3つに分けることができます。リフォームをするときには、「何のため」にリフォームをするかを  きちんと把握しておくとよいでしょう。 * 長く住むためのリフォーム(メンテナンスリフォーム)  年月がたち、痛みが出てきた屋根や外壁などを、より長持ちするように修繕・改修するリフォームです。適切な時期に点検を行い、  早めに修繕することによって、住まいを長持ちさせることができます。リフォームの成否は、「業者選びの段階で70パーセント決まる」と言われるほど、業者と性格的に「合うか・合わないか」 も大きなポイントとなってきます。業者選びは重要です。リフォームの最中は、住みながらの工事も多く、毎日の暮らしに深く入り込みます。そんな中、「悪徳リフォーム業者」の存在は大問題となります。最近では手口はかなり複雑化してきて、ついつい心惹かれてしまうような売り文句を並べてくるので、それが本当かどうかを見抜くのも、なかなか難しくなってきたようですね。 *ライフステージ・ライフスタイルの変化に対応するためのリフォーム(住空間改善リフォーム)  家族構成や暮らし方の変化に対応するためのリフォームです。 増改築や間取りを変更することによって、より暮らしやすい住まいにする  ことができます。 *安心・快適に住むためのリフォーム(性能向上リフォーム)  耐震・省エネ・防犯・バリアフリーなどの住まいの性能を高めるためのリフォームや、 水周り設備等を新しいものに変更するリフォームです。  「地震に強い住まいにしたい」「防犯性に優れた住まいにしたい」、「キッチンを新しくて便利なものにしたい」などの希望にこたえるものです。

Copyright © All rights reserved.リフォームを考えている貴方へ.